マイナンバーカード作る?作らない?何が便利になるの?子供のカードは?

暮らし・生活

マイナンバーカードによるマイナポイント制度の還元が9月1日からはじまりました。

そのマイナンバーカードは作るのか、作らないのか迷っている方は多いのではないでしょうか。

そして子どものカードはどうするのか、何が便利になって、今後できることは何なのかを調べてみました。

マイナンバーカードとは?

そもそもマイナンバーカードとは?についての前に、「マイナンバー制度」「マイナンバー」「マイナンバーカード」という言葉があります。
それぞれに意味は以下のとおりです。

マイナンバー制度について

マイナンバー制度とは、いわゆる「マイナンバー法」のこと。
行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律のことです。
(2013年(平成25年)成立)

マイナンバーについて

マイナンバーとは、国内の住民票を持つすべての住民に付番された12ケタの番号のことです。
マイナンバーが記載された「通知カード」が交付されました。

マイナンバーカードについて

マイナンバーカードとは、マイナンバーの通知後個人の申請によって交付される写真入りの個人番号カードのこと。

スポンサーリンク

マイナンバーカードで何が便利になるの?

マイナンバーカードで何が便利になるのかについて、「現在できること」と「今後できること」にまとめました。

マイナンバーカードで現在できること

マイナンバーカードで現在できることはたくさんありますが、生活に密着したことは以下の3つほど。

①顔写真入り身分証明書として使える
②「住民票」「戸籍証明書」「印鑑登録証明書」「各種税証明書」などがコンビニで取得できる
③子育てに必要な書類がオンラインで申請

マイナンバーカードで今後できること

次にマイナンバーカードで今後できることもたくさんあるのですが、生活する上でこれは便利でいいなと思ったものをご紹介します。

生活する上で便利なこと、

医療機関の受信履歴、病気や予防接種の履歴」がマイナンバーカードでわかるようになる。

いまは健康で持病のない人にはピンとくることではないかもしれません。

マイナンバーカード作る?作らない?子供のカードはどうする?

子供をお持ちのご家庭は、「今後できること」の「医療機関の受信履歴、病気や予防接種の履歴」が分かるようになれば便利なのではないでしょうか。


特に小さい頃は予防接種の嵐ですし、保育園や幼稚園、小学校などでは、インフルエンザや胃腸炎など感染症にかかるリスクも増えます。


◆「あの病気にかかったのはいつだったっけ?」

◆「毎年この病気にかかってるけど、いつから始まったっけ?」

など管理しているようでしていない家庭は、わが家を含めて多いのではないでしょうか。
メモしていても記入漏れがあったりします。


そして今、マイナポイント制度でポイントが還元されるこの機会に、家族のカードを作ってしまうのもいいかもしれません。

もちろん子供のマイナンバーカードでもポイント還元されます。

マイナポイント制度への申請方法を簡単にまとめた記事があります。▼

マイナンバーカードまとめ

以上、「マイナンバーカード作る?作らない?何が便利になるの?子供のカードは?」についてお届けしました。

いづれ作ることになるなら、お得なポイント還元があるときに作っておくと後々らくかもしれませんね!

暮らし・生活
スポンサーリンク
ピクをフォローする
ピクの家
タイトルとURLをコピーしました