西宮神社の初詣2021!混雑回避の参拝時間は?屋台や駐車場情報も!

季節イベント

兵庫県西宮市にある西宮神社は、商売繁盛・福の神「えべっさん」と親しまれています。

西宮神社は兵庫県内の初詣スポットで3位を誇る人気です。
そして毎年1月10日の本えびすでは”いちばん福”を目指して猛ダッシュする”福男選び”がニュースで取り上げられていますね。
もう混雑必須が予想されますが、少しでも混雑ピークを避けて参拝したいですよね。

今回はそんな西宮神社の初詣について、混雑回避の参拝時間や屋台情報・駐車場の状況に加え、十日えびすの情報を交えながら御朱印についてもお伝えしたいと思います。


2021年の初詣は、新しい生活様式を意識して参拝したいですね。
以下、神社庁発表の初詣ガイドラインを参考になさってください。

初詣の参拝ガイドライン(神社庁)

・感染防止のため必ずマスク着用を推奨
・大声での会話を控える
・滞在時間を短縮する
・マイひしゃく持参OK(ひしゃくなどの一時的撤去のため)
・三が日にこだわらず別の日に参拝を検討する

神社庁公式HP・2020年10月7日現在

兵庫県在住の私が調べておススメする初詣スポットを勝手にランキングしました!
よかったら読んでみてください。↓ ↓

西宮神社の初詣2021!基本情報

まずは開門時間やアクセスなど基本情報をご覧ください。

●神社名:えびす宮総本社西宮神社

●開門時間:
【1月1日】0時~21時(年越しは閉門しません)(授与所0時~21時)
【1月2日・3日】5時~21時(授与所9時~21時)
【1月4日~8日】5時~18時(授与所9時~18時)

【1月9日】5時~24時(授与所8時~24時)
【1月10日】6時~24時(授与所6時~25時)
【1月11日】5時~25時(授与所8時~25時)
【1月12日~31日】5時~18時(授与所9時~17時)

●住所:〒662-0974 兵庫県西宮市社家町1-17

●アクセス:
【電車】
□阪神電車本線「西宮」駅南口から南西へ徒歩5分
□JR神戸線「さくら夙川」駅から南東へ徒歩10分
□JR神戸線「西宮」駅から南西へ徒歩15分
□阪急電車神戸線「夙川」駅から南東へ徒歩15分
【車】
阪神高速3号神戸線「西宮IC」または「武庫川IC」下車。
県道193号線(えべっさん筋)と国道43号線が交わる北西の角に位置します。

●駐車場:専用駐車場の利用不可(初詣・十日戎期間中)

●ご祭神:(第一殿)えびす大神、(第二殿)天照大御神・大国主大神、(第三殿)須佐之男大神

●ご利益:商売繁盛・厄除・開運招福・家内安全・大漁満足・交通安全

●人出数:約50万人(十日戎は約100万人)

●問い合わせ:西宮神社0798-33-0321

西宮神社の初詣の混雑回避の参拝時間

西宮神社は兵庫県内3位の人気初詣スポットですので、大晦日の夜~三が日は混雑が予想されます。

元旦の午前0時、拝殿で太鼓が打ち鳴らされると賽銭箱の前で待っていた参拝者が一斉にお賽銭を投げ入れます。

ですので大晦日の22時ごろから人が集まりだして、そのまま元旦の夕方までがピークで大変混みあっています。

ピークを過ぎると少しは混雑も和らぎますが人出の多さに変わりはないでしょう。
少しでも混雑を避けたい場合は、元旦を避けることをおすすめします。

<混雑回避の参拝時間>
【1月1日】16時~17時ころ
【1月2日・3日】午前5時~10時ころ。夕方前後空いているとき有。
【1月4日~8日】午前10時ころまで。15時以降空いてる時間帯有

※少しでもゆったり参拝したいという方は1月4日~8日をおすすめします。
※初詣は一般的に1月7日「松の内」(お正月の神様がいるとされている期間)を目安にするといいとされています。

十日えびすの混雑回避

1月9日・10日・11日の3日間は「十日えびす」で、初詣の三が日より混雑するんです。

三が日の参拝の人出は50万人ですが、十日えびすは2倍の100万人の人出でにぎわいます!

2021年の十日えびすの期間が金土日ですので、3日間ほぼずーっと混雑したままが予想されます。
そして期間中入り口は表大門(赤門)のみとなり、境内の通路は一方通行となります。

少しでも混雑回避できる時間帯は、初詣と同様「早朝」となります。
しかし1月10日の本えびすは、午前6時の大太鼓を合図に表大門が開き”いちばん福”を目指す人たちでにぎわっています。2021年度の福男選びは中止となりました。

「こんなもの」くらいの気持ちでいきましょう!

スポンサーリンク

西宮神社のご利益は?

西宮神社のご利益は、商売繁盛・福徳招来・開運招福・厄除・家内安全・大漁・交通安全などさまざまです。

そして金運上昇でも名高い神社で、金運のパワースポットでもあるのです。

西宮神社といえば、ご祭神に「福の神」こと「えびす様」ですから、「笑う門には福来る」ということわざどおり、笑っていつもにこやかにしている人には、福が舞い込んで運気が上昇し、金運もアップするのではないでしょうか。

西宮神社の雰囲気も”おごそかに”というよりも”明るく和やか”な雰囲気に包まれていますよね。

そしておみくじには大吉より縁起が良い「大福みくじがあります!
期間限定の授与品もあります。

<期間限定授与品>
正月の三が日と、十日えびすのみ
2021年の縁起物は1月末まで授与しています

●「福笹」(大:3千円、小:千円)
●「鯛みくじ」300円

これはぜひ授与いただきたいですね!
※令和3年福神カレンダーの無料授与はありません。

ご利益の期限は1年といわれています。
前年の福笹やお守りは「返納箱」をご利用ください。

西宮神社の御朱印について

参拝を済ませたら、御朱印も忘れずにいただきたいですね!

<御朱印の場所>
社務所(授与所)の「朱印受付」
または、
本殿西側神札授与所の「朱印受付」

<御朱印の受付時間>
9時~18時

<御朱印の種類>
・「西宮神社」の御朱印
・「福神」の御朱印
・「恵比寿大神」の御朱印

各300円
2021年は御朱印帳への記帳は行わず、事前に浄書した御朱印・御朱印帳の授与となります。
福笹と鯛をあしらった新着特別紙の朱印 300円

<御朱印帳>
・オリジナルの御朱印帳あり/千円
・御朱印帳袋/千円

西宮神社の初詣の屋台情報

西宮神社の屋台は例年600軒?!もの屋台が並びます!

定番ものから流行りのグルメまで。
ほんの一部紹介すると、

唐揚げ・やきそば・たこ焼き・広島焼・おでん・ケバブ・じゃがバター・肉巻きおにぎり・クレープ・たい焼き・ベビーカステラ・揚げアイス・チョコバナナ・電球ソーダ・甘酒・etc

ベビーカステラなら「神戸 桔梗屋」が個人的におすすめです!

もちろん食べものだけでなく【くじ引き・スーパーボールすくい・金魚すくい】などの遊戯系も充実しています。

十日戎には、熊手や箕などの吉兆を売る店が目立ちます。

<屋台期間>
主に、三が日十日えびす(4日~8日は一旦仕舞うところが多いようです)

<屋台の営業時間>
大晦日の夕方ころから準備をはじめて夜通し営業、翌元旦21時ころまで。
それ以外は9時ごろから神社の閉門に合わせて営業。

西宮神社の駐車場状況と予約できる駐車場も紹介!

西宮神社には専用駐車場がありますが、三が日と十日えびすの期間中は利用不可となっています。
初詣へは公共交通機関をご利用ください。

十日えびすの期間中車両交通規制も行われ、歩行者専用道路となる箇所もありますのでご注意ください。

周辺の駐車場をご利用される場合、駐車料金はだいたい一日最大700円~1500円ほどですが、満車になりやすいです。


または【akippa(あきっぱ!)】といって、駐車場を事前予約できるサービスもあります。

空き地や住宅の空きスペースを駐車場として活用していて、オンライン登録すれば駐車場の貸し借りができるようになり、10日前から予約が可能です。

西宮神社周辺にも、この【akippa(あきっぱ!)】で予約できる駐車場が10件以上ありましたので、事前予約ができればスムーズに参拝できます。

オンラインでの登録は無料。
登録すればスグ予約できます。
10日前から事前に予約できて、時間内の入出庫なら自由にできます。

西宮神社の初詣情報まとめ

以上、「西宮神社の初詣2021!混雑回避の参拝時間は?屋台や駐車場情報も!」についてお届けしました。

西宮神社は明るい雰囲気がいいですね!
たくさんの福をもらってたくさんの笑顔に包まれ皆さまが幸せな2021年となりますように!

兵庫県在住の私が調べておススメする初詣スポットを勝手にランキングしました!
よかったら読んでみてください。↓ ↓

季節イベント
スポンサーリンク
ピクをフォローする
ピクの家
タイトルとURLをコピーしました