門戸厄神の初詣2021!混雑回避の参拝時間は?屋台や駐車場情報も!

季節イベント

兵庫県西宮にある門戸厄神東光寺は、地元では「やくじんさん」と親しまれています。

門戸厄神は日本三大厄神のひとつで、厄払いとして有名ですね。
初詣には厄除けを祈願する方など、たくさんの人が参拝に訪れる人気スポットですので混雑必須が予想されます。
しかし混雑ピークを避けて参拝したいですよね。

今回はそんな門戸厄神の初詣について、混雑回避の参拝時間や屋台情報・駐車場の状況に加え、厄除け大祭の情報も交えながらお伝えしたいと思います。


2021年の初詣は、新しい生活様式を意識して参拝したいですね。
以下、神社庁発表の初詣ガイドラインを参考になさってください。

初詣の参拝ガイドライン(神社庁)

・感染防止のため必ずマスク着用を推奨
・大声での会話を控える
・滞在時間を短縮する
・マイひしゃく持参OK(ひしゃくなどの一時的撤去のため)
・三が日にこだわらず別の日に参拝を検討する

神社庁公式HP・2020年10月7日現在

門戸厄神の初詣2021!基本情報

まずは開門時間やアクセスなど基本情報をご覧ください。

●寺院名:松泰山しょうたいざん東光寺(別称:門戸厄神もんどやくじん

●開門時間:
【1月1日】午前0時~18時
【1月2日・3日】8時~18時

●寺務所:1月3日までと日祝8時~17時、4日以降9時~17時

●住所:〒662-0828兵庫県西宮市門戸西町2番26号

●アクセス:
【電車】阪急今津線「門戸厄神」駅下車、北西へ約700m、徒歩約10分
【車】国道43号線または国道2号線から、国道171号線に入り、門戸陸橋を渡らず西詰を300m北上

●駐車場:専用駐車場の利用一部不可

●ご本尊:薬師瑠璃光如来(通称:お薬事さん)

●ご利益:厄除開運、家内安全、諸願成就、交通安全、病気平癒

●人出数:約十数万人

●問い合わせ:門戸厄神0798-51-9090(9時~17時)
●URL:松泰山東光寺(門戸厄神)公式HP

門戸厄神の初詣の混雑回避の参拝時間

門戸厄神は厄除けで人気のお寺ですから、大晦日の夜~三が日は、人が途切れることがなく混雑が予想されます。

例年大晦日の23時ごろから人が集まりだして、そのまま元旦の夕方までが一番のピークで混みあっています。

ピークを過ぎると少しは混雑も和らぎますが人出の多さに変わりはないでしょう。
少しでも混雑を避けたい場合は、元旦を避けることをおすすめします。

<混雑回避の参拝時間>
【1月1日】午前4時午前8時ころ
【1月2日・3日】午前8時午前9時ころ

※少しでもゆったり参拝したいという方は1月4日以降をおすすめします。
※初詣は一般的に1月7日「松の内」(お正月の神様がいるとされている期間)を目安にするといいとされています。


そして1月1日0:00~先着千人の方にもらえるお年玉(干支置物)があります。
本殿のお参りに並ぶ列とは別に、お年玉授与引換券をもらう列に並びます。

1時間前くらいから並び始めますので、大晦日の23時過ぎには引換所で並んでおけば、0時から順番にいただけます。


表門の手前には42段の階段があります。
「男厄坂」といって、一段一段登ることで厄を落とし、自分の年の段で横に置いてあるカゴにお賽銭を入れます。

中楼門の手前は33段の階段があります。
「女厄坂」となっており、男性同様、一段一段登ることで厄を落とし、自分の年の段で横に置いてあるカゴにお賽銭を入れます。

それ以上の年齢の方は本殿でお賽銭を入れて下さいね。

厄除け大祭の混雑回避

毎月19日「厄除け例祭」ですが、新年1月18・19日は特別で「厄除け大祭」が執り行われます。
数十万の参拝者が訪れ、三が日より多いそうです。

【日程】
・1月18日(月)午後2時~柴燈大護摩供厳修
・1月19日(火)午前10時~柴燈大護摩供厳修、午後2時~厄除祈願法会

厄除け大祭は、終日人でにぎわい途切れることはないので、覚悟して参拝いただきたいと思います。

混雑回避としては、開門直後午前8時~午前9時が比較的少ないかもしれません。

一般的に厄払いは、厄年の1月1日~その年の節分までに済ませるのが良いとされています。
しかし門戸厄神では節分を厄年の区切りとせず、一年中いつでも祈祷の受付をしています。

※ゆったり祈祷したいという方は、節分以降をおすすめします。

期間中は、もちろん屋台も出ていて楽しめます!

厄除け大祭が終わると、屋台はなくなりますが、「厄除饅頭」と「厄除ぜんざい」はいただけるのでご安心を。

厄払い特別祈祷について

厄払いの特別祈祷をお願いする方、初詣期間は、1~2時間並ぶ覚悟を!
厄除け大祭では、2~3時間並ぶ覚悟を!

寺務所受付時間:8時~17時(1/3までと日祝)、4日以降は9時~17時
特別祈祷:1万円
普通祈祷(年祈祷):5千円
祈祷時間:約40分

事前予約は受付けていません。
寺院で直接申込みます。

スポンサーリンク

門戸厄神の初詣の屋台情報

参道から屋台が並びます。
数はそれほど多くないですが、定番ものから流行りものまで揃っています!

りんご飴・唐揚げ・たこ焼き・フランクフルト・ケバブ・たい焼き・ベビーカステラ・焼いか・焼き鳥・おでん・トルコアイス・シシカバブのサンドイッチなど

人気は唐揚げのようですね。

そして定番のこれ↓ ↓

屋台は、大晦日の夕方から準備が始まりますのでここでカウントダウンもできます。

門戸厄神駅前にはカフェやパン屋さん、イタリアンなどもあり、食事には困らないでしょう。

門戸厄神の駐車場状況と予約できる駐車場も紹介!

門戸厄神には専用駐車場が、参道入口や参道沿いに大小数か所、合計100台くらいの無料駐車場があります。

初詣期間は、お寺に一番近い駐車場が封鎖され、地図の駐車場(60台ほど)のみとなります。(赤いマークの所)

大晦日は23:30には専用駐車場は満車となり、駐車待ちとなるようです。
混雑状況により駐車場の利用ができない場合もあるようです。
駐車場住所:兵庫県西宮市門戸東町2-28

厄除け大祭期間の専用駐車場は全面閉鎖されます。
交通規制も敷かれますので、初詣・厄除け大祭へは公共交通機関をご利用ください。

それ以外に【akippa(あきっぱ!)】といって、駐車場を事前予約できるサービスもあります。

空き地や住宅の空きスペースを駐車場として活用していて、オンライン登録すれば駐車場の貸し借りができるようになり、10日前から予約が可能です。

門戸厄神周辺にも、この【akippa(あきっぱ!)】で予約できる駐車場が10件以上ありましたので、事前予約ができればスムーズに参拝できます。

オンラインでの登録は無料。
登録すればスグ予約できます。
10日前から事前に予約できて、時間内の入出庫なら自由にできます。

門戸厄神の初詣情報まとめ

以上、「門戸厄神の初詣2021!混雑回避の参拝時間は?屋台や駐車場情報も!」についてお届けしました。

初詣はとても混雑しますが、超有名どころに比べると穴場的存在かと思います。
厄を落として新年を迎えることができると清々しい気持ちになります!
2021年が素敵な年になりますように!

季節イベント
スポンサーリンク
ピクをフォローする
ピクの家
タイトルとURLをコピーしました