お葬式マナー|服装や焼香の仕方・香典の書き方とお悔やみの言葉の返し方について

暮らし・生活

お世話になった方の突然の訃報、あるいはご近所や身近な方の不幸。

お悔やみに伺ったり告別式に参列することも、大切なお付き合いのひとつですよね。

お葬式の服装や焼香の仕方、香典の書き方とお悔やみの言葉の返し方など、心得ておきたいお葬式のマナーを、弔問に伺う立場からまとめてみました。

一定のマナーの基準を知って応用してみてください。
個々のルールにこだわるより、故人をしのぶ気持ちを大切にしたいですね。

お葬式マナー|服装は?

悲しみのお知らせを受けて、お悔やみに伺う時やお葬式で、まず気になるのは服装ではないでしょうか。

いちばんの心掛けは、おしゃれを競う場ではないことを念頭に、故人との関係や立場によって決まります。

失礼のない装いで出掛けるためのチェックポイントをまとめました。

故人との関係や立場での服装のめやす

故人との関係・立場服装の格女性男性和装
遺族
・親族(近親)
礼装黒のワンピースモーニング黒喪服(女性)
・黒紋服(男性)
親戚(遠縁)
・知人
・友人(親密)
準礼装黒のスーツ
・アンサンブル
黒のスーツ色無地の着物
黒の帯
知人
・友人(近所)
略装ダークなワンピース
・スーツ
ダークスーツ地味な着物
地味な帯
【服装のめやす】

一般的には「準礼装」以下となります。
また和装の方が洋装より格上というわけではありません。

数珠は携帯するのがマナーです。
ただし、赤みがかったものなど派手な色合いのものは避けましょう。
宗派によって形や長さが異なるようです。

準礼装の装いとは?(男性)

黒のスーツ。
ダブルとシングルの差はありません。
小物は以下のとおりです(すべての服装とも同じ)。

【男性の小物】

ネクタイ
ネクタイピン・
カフス・ボタン
付けないのが基本。
付ける場合、光る素材は避ける。
ワイシャツ自模様の無い白
ポケットチーフなし
メガネ、時計ゴールドなど光ったり目立つ素材は避ける
腕章もともとは遺族を示す目的で付けました。
現在では、服装の格を上げる目的で使われることもあります。
靴下
【男性小物】

準礼装の装いとは?(女性)

黒のスーツかアンサンブル(上下別々の着回しの効く装いは略装になります)。
小物は以下のとおりです(すべての服装とも同じ)。

【女性の小物】

化粧控え目に。
香水、濃いマニキュアなども避ける。
生地レース使いの多いものやシースルーは避ける。
襟元開きすぎないもの
スカート丈膝が隠れる程度のもの
アクセサリー原則付けない。
華美にならない程度の真珠ならOK。
2連のネックレスは「涙が重なる」意味があるので避ける。
ストッキング
タイツはNG
靴、バッグ黒の表革か布製。
エナメルやスエード、爬虫類の革は避ける。
【女性の小物】
  和装小物
家紋一つ紋・三つ紋・五つ紋があるが、準礼装では一つ紋が一般的
色柄色無地の着物
羽織羽織は着ないのが普通
【和装小物】

子どもの服装

幼児は手持ちの服の中からできるだけ地味な色を選びます。
学生は制服のデザインを問わず着用できます。

スポンサーリンク

お葬式マナー|香典の書き方について

香典は「広く薄く」お金を募って助け合う意味がありますが、
元々は、亡くなった方に物を捧げ供養する「お供え」という意味のことでした。
最近では遺族が香典を辞退する場合が増えてきました。


香典の表書きは「悲しみの涙で墨も薄くなる」と意を込めて薄墨で書くのがしきたりですが、最近はそれほど厳密には考えなくなりました。

むしろ、受付の方に配慮して、金額や住所・氏名の記入を忘れないように注意しましょう。
金額は中包みの表中央に、住所・氏名は裏側に書きます

宗教表書き
仏式御香典、香華料、御仏前(御供)
神式御榊料、玉串料、御神前
 キリスト教 御花料、献花料
全宗教共通御霊前
【香典の書き方】

お葬式マナー|お悔やみの言葉の返し方(受付)

お葬式は一般的に、葬儀と告別式の2段階に分かれて営まれます。
一般の弔問は告別式への参列を意味し、所定の時間までに受付を済ませておくことが大切なマナーです。

受付でのマナーは以下の1~4となります。
1.身だしなみを整える
2.お悔やみの言葉の返し方
3.香典を手渡す
4.氏名を記帳する

1~4について以下のように詳しくまとめました。

1.身だしなみを整える

会場に着いたら、冬ならコート・手袋などを取ってから受付に臨みます。
暑い時でも、上着のボタンをきちっと留めるなど、身だしなみに注意を払いましょう。

2.お悔やみの言葉の返し方

受付は、縁者や自治会・会社関係の方が担当される場合がほとんどと思われます。
遺族をねぎらい故人を悼む気持ちを込めて、弔意を伝えることが大切です。
短く簡単な挨拶のほうが好感がもてます。

【お悔やみの言葉の返し方 例】

・「この度はご愁傷さまでございます」
・「この度は突然のことで心よりお悔やみ申し上げます」
・「この度は突然のことでびっくりしました」

3.香典を手渡す

香典は弔意を形にして表すもの。
ふくさに包んで持参しますが、差し出すときには受付の方の目の前で解いて、正面を相手側に向けて手渡します。

4.氏名を記帳する

最後に芳名帳に氏名や住所を記帳します。
記帳が終わったら、一般弔問客用に用意された場所か会場の外で葬儀の進行を待ちます。

お葬式マナー|焼香の仕方

親族や故人とゆかりの深かった人々による葬儀が終わると、故人に最後の別れを告げる告別式に移ります。

告別式の所要時間の平均めやす(参列者)は1~2時間です。


焼香の仕方は、宗教によって異なります。
その意義を踏まえて厳かに振舞うことが大切なマナーです。

●仏式 → 焼香
●神式 → 玉串の奉奠ほうてん
●キリスト教 → 献花

宗教ごとに焼香の仕方を説明していきます。

仏式のおまいり<焼香>

①身だしなみを整え、数珠を用意して臨みます。
(数珠は最後まで腰より上の位置に保ちます)

②順番がきたら「お先でございます」と回りの人に軽く挨拶をしてから前に出ます。

③世話人や遺族の方に軽く会釈して焼香台より一歩手前まで進みます。

④遺影を見て一礼してから一歩進み焼香。

⑤香は、親指・中指・人差し指の3本でつまみ、額の高さまで押しいただいてから香炉の中にくべます。
(焼香の回数は通常3回。ただし司会者から1回と指示されたり宗派によって異なることがあるので臨機応変に)

⑥一歩下がって手を合わせます。
(数珠の扱いは宗派によってことなりますが、形よりこころを大切に)

⑦手を戻し、もう一度遺影を見てお辞儀をします。

⑧遺族と僧侶、世話人に一礼をして最初の席や場所に戻ります。

神式のおまいり<玉串の奉奠ほうてん>

基本的な動作は仏式とほとんど同じですが、玉串の捧げ方とお参りの基本である「二礼二拍手一礼」だけは覚えておきましょう。

仏式の④から玉串の奉奠ほうてんに入ります。

①玉串は左手の平で葉先を、右手で根本を持って受け取ります(葉先は時計の9時の位置)。
そのまま祭壇の方に進み、台の前で押しいただくように一礼します。

②根本を時計回りに手前に引き寄せます(葉先は時計の12時の位置)。

③左手の平で支え、右手で玉串の中ほどを持ち、そこを支点にして、時計回りに半回転させます(葉先は6時の位置)。

④左手を葉先に寄せ、台に捧げます。

⑤1、2歩後退し、二礼します。

⑥しのび手(音を立てない拍手)を2回打ちます。

⑦深く一礼して下がります。

キリスト教のおまいり<献花>

①お花を祭壇に供えます。

祈祷きとうします。
方法はカトリックやプロテスタントなど宗派によって違うことがあります。
信徒でない場合は手を組み、黙とうするだけでいいです。

スポンサーリンク

お葬式マナー|後日のお悔やみについて

葬儀が済んでから知らせを聞いた、または、告別式に参列する事が出来なかった場合、後日弔問するのが一般的です。

後日のお悔やみはいつ行くのか

後日のお悔やみの言葉を伝える弔問は、葬儀の後始末が落ち着いた、葬儀後3日空けた頃から四十九日頃までに行くのが一般的。

最も大切な事は、事前にご遺族に連絡すること。

連絡する際は、自身の立場や故人との関係を明かして、弔問したい旨を伝えて、遺族の同意を得たうえでいつ頃お伺いすれば良いのか聞きましょう。

後日の弔問の服装や注意点について

後日、弔問に伺う服装は地味な色の平服がマナーです。
葬儀を連想させる喪服は避けましょう

【弔問の持ち物】

香典」と「数珠」を持参しましょう。

※お菓子や果物、お花を持っていくと喜ばれますが、必ず必要というわけではありません。
生ものや冷蔵ものは避けましょう。

※また家族葬は遺族が香典を辞退している場合が多いので、葬儀案内で香典を辞退している場合は、後日弔問でも香典を持っていかないほうが無難とされています。

【弔問の注意点】

弔問する際、ご遺族に促されてから家にあがることに注意しましょう。
玄関先で弔意を示す言葉をかけ、告別式に参列できなかったお詫びをします。

家に上がらない場合は、この時にお悔やみの言葉をおかけし、持ってきたものを渡します。

ご遺族の方からご霊前に通された場合は、お線香をあげたのち、お悔やみの言葉を述べるタイミングで、持ってきたものをお渡ししましょう。

その後2~3分思い出話しをしたらおいとましましょう。
長居は禁物です。

まとめ

以上、「お葬式マナー|服装や焼香の仕方・香典の書き方とお悔やみの言葉の返し方」についてお届けしました。

故人や遺族に弔意を表す大事なマナーであることがわかりました。
お葬式の一定のマナーの基本を知っていれば、臨機応変に応用できそうですね。

暮らし・生活
スポンサーリンク
ピクをフォローする
ピクの家
タイトルとURLをコピーしました