清荒神の初詣2021!混雑回避の参拝時間は?駐車場や屋台情報も!

季節イベント

兵庫県宝塚市にある清荒神は、地元では「こうじんさん」と親しまれています。

台所が賑わえば、家庭や会社が繁栄するといわれ、その台所こと「かまど」の神様が清荒神には祀られていることで有名ですね。
初詣にはたくさんの方が参拝に訪れ、混雑必須が予想されます。
しかし混雑ピークを避けて参拝したいですよね。

今回はそんな清荒神の初詣について、混雑回避の参拝時間や駐車場・屋台の情報に加え、ご利益パワースポット御朱印についてもお伝えしたいと思います。


2021年の初詣は、新しい生活様式を意識して参拝したいですね。
以下、神社庁発表の初詣ガイドラインを参考になさってください。

初詣の参拝ガイドライン(神社庁)

・感染防止のため必ずマスク着用を推奨
・大声での会話を控える
・滞在時間を短縮する
・マイひしゃく持参OK(ひしゃくなどの一時的撤去のため)
・三が日にこだわらず別の日に参拝を検討する

神社庁公式HP・2020年10月7日現在

兵庫県在住の私が調べておススメする初詣スポットを勝手にランキングしました!
よかったら読んでみてください。↓ ↓

清荒神の初詣2021!基本情報

まずは開門時間やアクセスなど基本情報をご覧ください。

●寺院名:清荒神清澄寺きよしこうじんせいちょうじ

●開門時間:
【1月1日~1月2日】終日参拝可能(年越しは閉門しません
【1月3日】~深夜0時
【1月4日以降】5時~21時

●住所:〒665-0837兵庫県宝塚市米谷字清シ1番地

●アクセス:
【電車】
□阪急宝塚線「清荒神」駅下車、徒歩約15分
□JR宝塚線「宝塚」駅下車、タクシー約10分
【車】中国自動車道「宝塚IC」下車、北へ約2km

●駐車場:専用の無料駐車場(380台)初詣期間中は利用不可(初詣期間中は交通規制有)

●ご本尊:大日如来、守護神として三宝荒神

●ご利益:家内安全・厄除開運・病気平癒・学業成就・交通安全など

●人出数:例年約40万人

●お問い合わせ:清荒神0797-86-6641

●URL:清荒神清澄寺公式HP

清荒神の初詣の混雑回避の参拝時間

清荒神は人気の初詣スポットですので、大晦日の夜~三が日は混雑が予想されます。

特に元旦の日中が一番のピークで、1月中は土日の日中は混雑する傾向です。
少しでも混雑を避けたい場合は、元旦を避けることをおすすめします。

本堂までの道のりは、普段なら徒歩15分ほどですが、三が日は2倍~3倍の時間がかかることが予想されます。
参道が長くけっこうな距離を歩くことになるので、歩きやすい靴がおすすめ!

<混雑回避の参拝時間>
【1月1日】午前4時午前9時ころ、午後5時以降
【1月2日・3日】午前0時午前10時ころ、午後5時以降

※ゆったり参拝したいという方は1月4日以降をおすすめします。
※清荒神では正月限定の授与品の授与が終わる、2月5日までが初詣期間です。

眷属堂けんぞくどう(天堂)受付所の受付時間
<祈祷の受付、三宝荒神王御尊影、お守り、厄除開運火箸、布袋尊、福笹などを授与>
【1月1日~1月3日】終日
【1月4日~5日】7:00~18:00

●本堂受付所の受付時間
<大日如来御尊影、大日如来お守り、ご朱印、先祖供養、水子供養>
【1月1日】夜通し~22:00
【1月2日】5:00~21:00
【1月3日】5:30~20:00
【1月4日~5日】8:00~17:00

清荒神には、授乳室がありベビーカーでの参拝も可能です。
トイレはバリアフリーできれい!

清荒神のご利益は?

清荒神のご利益といえば「家内安全」「厄除け」が有名です。

家内安全と厄除けのご利益

火を扱う「かまど(台所)」は家庭・会社の中心で、かまど(台所)が賑わえば、家庭・会社が繁栄すると言われています。

大日如来の守護神である「三宝荒神」への信仰は、家内安全・商売繁昌・厄除開運などのご利益をもたらしてくれます。

まずは拝殿(天堂)で参拝しましょう!


ほかに、以下の3つのパワースポットがあります。

1.金運アップのスポット
2.願い事が叶うスポット
3.体の不調が消えるといわれるお地蔵さん

ひとつずつ見ていきます!

1.金運アップのスポット

拝殿のウラにある荒神影向こうじんようごうというところ、お賽銭を持ち帰り、次の参拝まで、お守りとして財布に忍ばせれば、小遣いに困らないといわれています。
ただし次回の参拝時に倍返しするという風習があります。

2.願い事が叶うスポット

境内の奥、本堂の右手前にある「一願地蔵尊」
頭上めがけて水をかけ、ひとつだけ願い事をするとご利益があるといわれています。
しかし一願地蔵尊はかなり大きいです。
頭めがけて水を掛けると、かなりの確率で、周りの参拝者に水が掛かってしまいますので、頭に掛けることにこだわらず、願い事が叶うという思いに集中したいですね。

3.体の不調が消えるお地蔵さん

本堂にある、鬢頭蘆尊者像びんずるそんじゃぞうこと「身代わり地蔵」
身体で不調なところをさすると、その不調が消えるといわれています。

スポンサーリンク

清荒神の御朱印について

参拝を済ませたら、御朱印も忘れずいただきたいですね!

<ご朱印受付場所>
・本堂受付所

<ご朱印種類>
・ご本尊の「大日如来」
・守護神の「清荒神王」
・七福神の「布袋尊」
・真言宗十八本山巡拝
・摂津国八十八ヶ所霊場 第七十二番
・神仏霊場 巡礼の道 兵庫第十四番

<金額>
200円~500円

※オリジナルの御朱印帳もあります。

清荒神の駐車場状況や予約できる駐車場も紹介!

清荒神には専用の無料駐車場(380台)がありますが、初詣期間中は利用不可となっています。
初詣へは公共交通機関をご利用ください。

そして初詣期間中は交通規制が実施されます。
詳しい交通規制情報は清荒神公式HPのとおりですので、事前にチェックしておくと安心です。

しかし、年末年始でも専用の無料駐車場が利用できる時間帯があります。
それは交通規制がかかる時間外です。

<無料駐車場が利用できる時間帯>
【12月31日】8:00~21:00
【1月1日】18:00~24:00
【1月2日~3日】0:00~8:00、18:00~24:00
※規制時間を少し過ぎても、下る場合は通行できるようですが、なるべくルールは守りたいですね。

周辺のタイムズなどを利用する場合は、駐車料金はだいたい60分100~200円一日最大1000円以内が多いようです。


それ以外に【akippa(あきっぱ!)】といって、駐車場を事前予約できるサービスもあります。

空き地や住宅の空きスペースを駐車場として活用していて、オンライン登録すれば駐車場の貸し借りができるようになり、10日前から予約が可能です。

清荒神周辺にも、この【akippa(あきっぱ!)】で予約できる駐車場が3件ほどありましたので、事前予約ができればスムーズに参拝できます。

オンラインでの登録は無料。
登録すればスグ予約できます。
10日前から事前に予約できて、時間内の入出庫なら自由にできます。

清荒神の初詣の屋台情報

清荒神の屋台は、例年200軒もの屋台やお土産物屋さんが参道に並びます。
そして屋台のレベルが高いことでも有名?!で、美味しいお店が多いのです。

三が日の昼頃~夕方の混雑する時間帯は、参道が一方通行になります。
気になる屋台を通り過ぎると後戻りできません。
後悔しないために欲しいものは買っておくことをおすすめします。


<人気のお店>
・「池田竹産店」の「白へび」
参道にある竹細工の店舗で、白へびがいるお店です。
白へびは縁起が良いとされているので人気があり、写真を撮る方が多いです。

・「明石焼き」
色んな明石焼きのお店が出ていて食べ比べても楽しいですし、白へびのお店の近くの「明石焼き」は人気があるようです。

<定番お土産>
「堅焼きせんべい」「荒神まんじゅう」「佃煮」

そのほかの屋台(一部)

明石焼き・おでん・鹿児島名物あくまき・フランクフルト・たこ焼き・お好み焼・串カツ・ラーメン・鍋・豚汁・宝塚コロッケ・佃煮・野菜・甘酒・炭酸せんべい・ベビーカステラ・焼き栗・りんご飴・厄除け宝来の鈴・金魚すくいなど

<屋台の期間>
主に三が日
それ以降1月中の土日は営業している店がほとんど。
平日は、店の休業日であったり、天候や参拝人数によって開けたり閉めたりなのだそうです。

<屋台の営業時間>
午前10時ごろ~午後5時ごろまで

清荒神んの初詣情報まとめ

以上、「清荒神の初詣20211混雑回避の参拝時間は?駐車場や屋台情報も!」についてお届けしました。

清荒神は屋台が目的で、ついでに参拝する、という感じになりがちですが、由緒ある寺院でご利益も良く効くと有名ですので、初詣の参拝は外せないスポットです。

2021年が良い年になりますように!

兵庫県在住の私が調べておススメする初詣スポットを勝手にランキングしました!
よかったら読んでみてください。↓ ↓

季節イベント
スポンサーリンク
ピクをフォローする
ピクの家
タイトルとURLをコピーしました