須磨寺の初詣2023!混雑回避の参拝時間は?屋台や駐車場情報も!

季節イベント

兵庫県神戸市の西部にある須磨寺。

須磨寺は、創建から1100年以上の歴史と格式あるお寺の一方、ユニークな置物を設置したり、講和をYouTubeで発信したり、お坊さんにも話しかけやすかったり、多面的なお寺です。

初詣にはたくさんの方が参拝に訪れ混雑が予想されます。
しかしなるべく混雑を避けて参拝したいですよね。

今回はそんな須磨寺の初詣について、混雑回避の参拝時間や屋台・駐車場の情報に加え、御朱印についてもお伝えしたいと思います。

須磨寺の初詣2023!基本情報

まずは開門時間やアクセスなど基本情報をご覧ください。

●寺院名:上野山福祥寺じょうやさんふくしょうじ(通称:須磨寺)

●開門時間:
・【1月1日】0:00~19:00(年越しは閉門しません
・【1月2日】7:00~19:00
・【1月3日】7:00~19:00

●住所:〒654-0071兵庫県神戸市須磨区須磨寺町4丁目6-8

●アクセス:
【電車】
・JR「須磨」駅下車、北へ徒歩12分
・山陽・阪神・阪急電車「須磨寺」駅下車、北へ徒歩5分

【車】
・国道2号線「水族園前」より北へ、「離宮道」を上り左折、旧神明道路を西へ
・阪神高速「月見山ランプ」下車、旧神明道路を西へ
・第2神明高速「須磨ランプ」下車、離宮公園脇の信号右折
※トンネルを出てすぐ左手に駐車場

●駐車場:専用の無料駐車場あり(30台)AM8:30~PM5:00

●ご本尊:聖観世音菩薩

●ご利益:厄除け・家内安全・交通安全・無病息災・安産など

●人出数:約2万人

●お問い合わせ:須磨寺078-731-0416

●URL:大本山須磨寺公式HP

須磨寺の初詣の混雑回避の参拝時間

須磨寺は地域で人気の初詣スポットですので混雑が予想されます。
特に元旦の早朝から日中が一番のピークで混みあっています。

境内が広いので元旦を過ぎると割とゆったり参拝できるのではないでしょうか。

須磨寺までの商店街は三が日とても賑わっています。

<混雑回避の参拝時間>
・【1月1日】17時以降
・【1月2日・3日】7時10時頃、16時以降

※もっとゆったり参拝したいという方は1月4日以降をおすすめします。
※初詣は一般的に1月7日「松の内」(お正月の神様がいるとされている期間)を目安にするといいとされています。

除夜の鐘について

須磨寺では参拝者が除夜の鐘をつくことができます。
先着108人までの参加者に祈念品の絵馬が授与されます。
そして甘酒をいただくこともできます。

寒空の中でいただく甘酒は身体にしみて美味しいです!

<詳細>
21:30~鐘楼堂前で除夜の鐘をつく整理券配布
23:45~除夜の鐘をつき始める(先着108人に絵馬が授与される)
109人以降は、午前2時まで自由に鐘をつき鳴らすことができます

・境内の八角堂において、仏師の山高龍雲氏の工房「龍雲工房」の有志による甘酒の振舞いも行われます。

・除夜の鐘と同時(23:45)に、本坊護摩堂にて「千巻心経護摩法要」も実施。
行く歳の厄難を払い、来る年の勝福を願い、護摩の行と共に般若心経を唱えることができます。

須磨寺のご利益は?

須磨寺は「源平ゆかりの地」としても有名ですので、「芸能上達」や「合格祈願」にもご利益があるとされています。

そしてほかにも沢山のご利益があります。
厄除け・家内安全・身体健全・交通安全・無病息災・病気平癒・良縁成就・安産などです。


なかでも、櫻壽院で授与いただけるお守りは、「お不動様の身代わりのお守り」といって、入れ物の中のお不動さまがいつの間にか消えてしまわれるという不思議な体験をされる方が多いのだとか。

お不動様が身代わりになって助けていただいたと思うとありがたいですね。

須磨寺の御朱印について

参拝を済ませたら、御朱印も忘れずいただきたいですね!

御朱印がいただける場所は以下の4か所です。
1.本殿の前にある寺務所(納経所)
2.櫻壽院おうじゅいん
3.正覚院しょうかくいん
4.蓮生院れんしょういん

1.寺務所(納経所)でいただける御朱印5種
・須磨寺本尊「大悲殿」
・須磨寺 神戸十三仏第十一番「阿閦如来あしゅくにょらい
・神戸六地蔵「堅固意地蔵尊」
・御詠歌「よにひびく 青葉のふえの 名にぞきく すまのみてらの 松風のこゑ」
・神戸七福神巡り「福禄寿」

2.櫻壽院おうじゅいんの納経所でいただく御朱印
・「阿弥陀如来」

3.正覚院しょうかくいんの納経所でいただく御朱印
・「愛染明王」

4.蓮生院れんしょういんの納経所でいただく御朱印
・「不動明王」

・初穂料 300円
・オリジナル御朱印帳あり

須磨寺の初詣の屋台情報

須磨寺の屋台は毎年80軒ほどが、参道や境内駐車場横に並びます

人気屋台は、「加島の玉子焼」のベビーカステラ!地域のファンも多いお店です。


定番メニューでは、りんご飴・綿菓子・練り物・スーパーボールすくいなど。
変わり種では、干し柿・衣類、なんかも並びます。


初詣では、須磨寺商店街も人気で賑わっているのです。
須磨寺商店街にある老舗の和菓子屋さん「大師餅本舗」は須磨の銘菓です。
三が日営業しています。

そして須磨寺では、毎月20・21日が大師さんの縁日で、多くの模擬店が出店参拝者で賑わっています。

須磨寺の駐車場状況や予約できる駐車場も紹介!

須磨寺には、専用の無料駐車場(30台)がありますが、初詣期間は周辺道路も混雑します。
初詣へは公共交通機関をご利用ください。

車を利用する場合は、以下の地図、トンネルを出てすぐ左手が駐車場です。
営業時間は、AM8:30~PM5:00

須磨寺公式HPから引用


専用駐車場が満車の場合は、【akippa(あきっぱ!)】といって、駐車場を事前予約できるサービスもあります。

空き地や住宅の空きスペースを駐車場として活用していて、オンライン登録すれば駐車場の貸し借りができるようになり、10日前から予約が可能です。

須磨寺周辺にも、この【akippa(あきっぱ!)】で予約できる駐車場が5件ほどありましたので、事前予約ができればスムーズに参拝できます。

オンラインでの登録は無料。
登録すればスグ予約できます。
10日前から事前に予約できて、時間内の入出庫なら自由にできます。

須磨寺の初詣情報まとめ

以上、「須磨寺の初詣2023!混雑回避の参拝時間は?屋台や駐車場情報も!」についてお届けしました。

身代わりのお守りはぜひ授与いただきたいです。
境内が広いので元旦を避ければ意外とゆったり参拝できそうですね。
須磨寺で参拝し、良い2023年のスタートを切りたいですね!

スポンサーリンク
季節イベント
ピクをフォローする
スポンサーリンク
ピクの家
タイトルとURLをコピーしました