明石公園の桜2022!開花状況や満開はいつ?桜まつりやライトアップについても!

季節イベント

兵庫県明石市にある県立明石公園は、明石城跡を中心につくられた広大な敷地をもつ公園です。

”さくら名所100選”に選ばれた兵庫県有数の桜の名所の一つで、自然豊かな園内では四季折々の景色で人々の目を楽しませてくれます。

そんな明石公園の2022年度の桜について開花状況や満開見頃時期に加え、桜まつりやライトアップについてもお伝えしたいと思います。

明石公園の桜2022!基本情報

まずは基本情報からご覧ください。

◆会場:兵庫県立明石公園

◆桜まつり開催予定日:例年4月1日から1週間ほど開催されます。2022年の桜まつりは中止
※4月2日(土)・3日(日)に「ロハスミーツ」のイベントがあります!

◆料金:無料

◆住所:〒673-0847明石市明石公園1-27

◆アクセス:
<電車> JR神戸線・山陽電鉄「明石駅」下車より徒歩約5分
<車>第二神明道路「大蔵谷IC」より車で約10分、または「玉津IC」より車で約15分

◆駐車場:約500台の公園駐車場有り
なるべく公共交通機関をご利用ください。

◆お問い合わせ:兵庫県立明石公園078-912-7600

◆URL:兵庫県立明石公園公式HP

2022年の桜の開花状況や満開はいつ?

明石公園の桜の開花時期は例年3月下旬
満開見頃時期は例年4月上旬です。

2022年の明石公園の桜の開花情報!
・3月26日(土):つぼみ
・3月27日(日):開花!
・4月1日(金):5分咲き
・4月4日(月):満開!
・4月10日(日):散り始め
・4月14日(木):葉桜

*3/21東の丸のエドヒガン開花♪


参考までに例年の開花状況は以下のとおりでした。
【2021年の開花状況】
・開花:3月26日
・満開:4月1日

【2020年の開花状況】
・開花:3月28日
・満開:4月3日

【2019年の開花状況】
開花:3月30日
満開:4月8日

【2018年の開花状況】
開花:3月23日
満開:4月1日

スポンサーリンク

明石公園の桜の見どころは?

明石公園の桜の動画がありました!
20分と少し長いですがとてもきれいです。▼

明石公園の剛ノ池周辺は約1000本のソメイヨシノが咲き誇ります。

なんといっても、桜を360度見渡せることと、ボートに乗り水上から見る桜はすてきです!

そして西芝生広場からやぐらを背景に見る桜もまた格別。
桜とお城が織りなす春の絶景もいいですね。


明石公園の見どころとして、以下の4項目でお伝えします!
1.「桜まつりについて」2022年は中止 → イベント「ロハスミーツ」があります!
2.「ライトアップについて」
3.「貸しボートについて」
4.「明石公園ハッピースポット巡りについて」

1.桜まつりについて→2022年は中止(ロハスミーツについて)

明石公園さくらまつりは、さくらの開花時期に合わせて開催されるのですが、昨年(2021年)は中止でしたね。
例年ですと、4月1日から1週間ほどの開催です。

2022年の桜まつりはまだ未定です。2022年もさくらまつり中止!
情報が分かり次第記載しますね!


2022年のさくらまつりは中止ですが、ちょうど桜の時期にロハスミーツのイベントが開催されます。

ロハスミーツ開催情報
・日時:2022年4月2日(土)~3日(日)
・時間:10時~16時
・場所:公園内「西芝生広場」と「武蔵の庭園」がメイン会場
・料金:無料

※小雨決行。荒天により中止になった場合の開催延期はありません。

家族連れからカップルまで楽しめる、エコライフ&アウトドアのスペシャルイベントです。

こだわりの食材で作ったフードやスイーツの出店。
作り手のぬくもりが伝わる小物や家具、そしてアンティークグッズの販売も!
アウトドア用品やフィッシング用品もあります。
ワークショップでは段ボール工作やキッズアクセサリー作りなど。

参考までに、例年のさくらまつり開催日は次のとおりでした。
・2021年は諸事情により中止となりました。
・2020年は4月1日~4月5日開催予定でしたが、諸事情により中止となりました。
・2019年は4月1日~4月7日の7日間開催されました。
・2018年までさかのぼると、4月1日~4月8日の8日間でした。


桜まつりといえば、明石城と園内の桜を楽しみながらイベントが開催されますね!
期間中は大勢の花見客でにぎわいます。

・武蔵の庭園での野点茶席(有料)
・手作り甲冑の試着体験(無料)
・櫓(やぐら)の特別公開
・筝と尺八の邦楽演奏ほか

土日メインでイベント開催!

2.ライトアップについて

明石公園の夜桜のライトアップは、例年行われたことがなく、園内の照明のみでした。

しかし2019年は、明石城の築城400年の記念として、夜桜のライトアップが行われました。
その際ミニライブステージや明石焼きの振る舞いなどがあり大勢の人が酔いしれました。

そして2020年と2021年には、医療従事者の方々へ感謝を伝えるライトアップとして、明石城ライトイットブルーの点灯がありました。(毎日日没~22:00まで)
明石城のやぐらが感謝と願いを込めた青い光に照らされました。

◆そして2022年、照明の改修工事を終え、明石城の櫓と石垣のライトアップが実施されています!
ふるさと納税の仕組みを活用した寄付金で実施されるようです。
ライトアップ期間:2022年4月1日~2023年3月31日

3.貸しボートについて

明石公園の剛ノ池の水上貸しボートは、手漕ぎボートやスワンボート・怪獣型のボートがあり子ども達に人気!

◆乗り方◆
剛ノ池のそばにある「パークハウス」の「ボートのりば券売機」で利用券購入して受付

◆料金◆
・手漕ぎボート 定員3人(1回30分 620円)
・足漕ぎボート(スワン/怪獣)定員6人(1回20分 620円)

◆営業時間◆
・平日:10:00~16:30 (16:00まで受付)
・土・日・祝:[3月~10月] 10:00~17:00 (16:30まで受付)
※定休日は毎週火曜日(花見時期は営業)
※11月~3月中旬まで平日は休業

◆乗船予約◆
・繁忙期など混雑時に待ち時間がある場合は予約受付が可能。
・受付で”予約番号”と”ボート名”を利用券裏面に記入。

※小学校低学年以下のお子様の乗船は必ず保護者同伴の上、危険のないよう十分にご注意ください。
※ペットの乗船は不可。

4.明石公園ハッピースポット巡りについて

明石公園公式HP引用

明石公園では、広大な園内の密かな魅力をつなぐ「幸せスポット巡りコース」が設定されています。
(2020年11月からはじまりました!)

ハッピースポットは全部で5か所!

30分程度でほっこり幸せ気分を味わえる巡回コース。
桜と合わせて巡ってみてください!

<ハッピースポット>
・晴れた日にふたつの櫓が池に映る「藤見池前のベンチ」
・縁結びや夫婦円満の象徴である連理のクスノキがある「武蔵の庭園」
・桜堀の入口付近では「桜に抱かれたモミジ」
などなど

※園内のお花見に関する注意喚起
・発熱などの症状がある人は参加を控える
・隣接するグループとは2メートル程度離れる
・グループ内にあっても感染予防につとめる
・飲酒については禁止

お花見すること自体を禁止するものではありません。

明石公園「幸せスポット巡りコース」についてはこちら、明石公園公式HPをどうぞ

明石公園の駐車場状況と予約できる駐車場も紹介!

明石公園には専用の駐車場がありますが、なるべく公共交通機関をご利用ください。

専用駐車場は以下のとおりです。

◆協会駐車場(南駐車場)◆
普通車:366台
料金:1時間/200円(平日・土日祝)、一日最大 600円(平日)/800円(土日祝)
営業時間:7:00~23:00

◆県営駐車場(北駐車場)◆
普通車:134台
料金:30分未満無料/5時間まで500円、5時間以降1時間/100円、一日最大1000円
営業時間:7:30~21:00

普段は十分に駐車できますが、イベント開催時の週末は満車になることも。

そんな時は【akippa(あきっぱ!)】といって、駐車場を事前予約できるサービスもあります。

空き地や住宅の空きスペースを駐車場として活用していて、オンライン登録すれば駐車場の貸し借りができるようになり、10日前から予約可能です。

明石公園周辺にも、この【akippa(あきっぱ!)】で予約できる駐車場が9件ほどありましたので、事前予約できればスムーズにお花見できますね。

オンラインでの登録は無料。
登録すればスグ予約できます。
10日前から事前に予約できて、時間内の入出庫なら自由にできます。

明石公園の桜情報まとめ

以上、「明石公園の桜2022!開花状況や満開はいつ?桜まつりやライトアップについても!」についてお届けしました。

桜まつりは例年4月1日から開催ですが、2022年は開催未定です。中止
しかしイベント「ロハスミーツ」開催!

歴史ロマン感じる明石城跡、360度水辺の桜の眺めを楽しめる剛ノ池など、様々な表情の桜の景色が楽しめる明石公園。
桜の見頃が楽しみです!

スポンサーリンク
季節イベント
ピクをフォローする
スポンサーリンク
ピクの家
タイトルとURLをコピーしました