幌村尚に弟はいる?出身やプロフィールは?身長や体重と経歴についても!

エンタメ

日本の水泳バタフライで、幌村尚選手が注目されていますね。

2018年にすい星のごとく現れ、東京オリンピック出場の有力候補として、名前があがっています!

その幌村尚選手に弟の噂があるので調べてみました。
そして、出身や身長・体重などのプロフィールや経歴についても、気になる情報をまとめました。

幌村尚に弟はいる?

幌村尚選手に弟がいるという噂ですが、兄弟がいても不思議ではありません。

そして詳しく調べてみましたが、「弟がいる」という確かな情報はどこにもありませんでした。

しかし以下のような声をみつけました。

名前…幌村尚
呼び方…なおくん
第一印象…はやいひとやー
今の印象…なおくんやー
好きなところ…優しい♩
家族にするなら…弟!
イメージカラー…青
最後に一言…さあ勉強がんばろう。笑笑

Twitter

もしかすると、「弟にしたい人」で人気なのかもしれないですね!
ほかの情報が分かり次第お伝えしたいと思います。

幌村尚の出身・身長・体重(プロフィール)

名前:幌村尚ほろむら なお (NAO HOROMURA)
生年月日:1999年1月31日
出身:兵庫県西脇市
身長:170cm
体重:68kg
体脂肪:11%
学歴:兵庫県立西脇工業高等学校、早稲田大学スポーツ部
所属:早稲田大学水泳部
代表国:日本
競技:競泳
出場予定種目:バタフライ
趣味:映画鑑賞

幌村尚選手はアスリートとしては小柄ですが、がっしりとした体つきです。
水泳の名門の早稲田大学水泳部で、トレーニングに励んでいるようです。

水泳の経歴

幌村尚選手が水泳を始めたのは3歳のとき。
兵庫県加東市のスイミングスクールに通い始めたのがキッカケといいます。


小学1年生から、両親のすすめで選手コースに通います。
当時から得意だったバタフライを中心に取り組んでいたけれど「はじめは、イヤイヤやっていた」。

全国大会の標準タイムを切ることができたら、親にご褒美としてゲームソフトなどを買ってもらえることを励みに続けていました。


選手として自覚しだしたのは、小学3年生で初出場した全国大会
自分より早い同学年を何人も目の当たりにし「もっと努力して速くなりたい」とやる気スイッチが入ったそうです。


そしていま視線の先に見据えているのは、2021年の東京オリンピック!

幌村尚の主な実績

早いテンポ正確なリズムで水の抵抗を減らし後半もスピードが落ちない泳ぎが持ち味の幌村尚選手。

フォームの素晴らしさからついたあだ名がバタフライロボットだそうです。

幌村尚選手の主な実績は以下のとおりです。

・2015年 世界世界ジュニア選手権200mバタフライ優勝
・2017年 ユニバーシアード200mバタフライ優勝
・2018年 日本選手権100mバタフライ準優勝/200mバタフライ優勝
・2018年 アジア大会100mバタフライ6位/200mバタフライ準優勝
・2019年 日本選手権200mバタフライ3位

2018年の日本選手権で日本代表入りを果たすも、2019年は日本代表入りを逃しました。
東京五輪までの復調を誓っているとのことです。

自己ベスト記録

◆100mバタフライ52秒03

◆200mバタフライ1分53秒79

幌村尚の着用アイテム

幌村尚選手はミズノブランドのアンバサダーを務めています。

幌村尚選手の着用水着は、下の文字か画像をクリックすると購入できます!
ミズノ【GX・SONIC IV MR】ハーフパンツ


幌村尚のまとめ

以上、「幌村尚に弟はいる?出身やプロフィールは?身長や体重と経歴についても!」についてお届けしました。

幌村尚選手に弟がいるか確かな情報は分かりませんでした。
兵庫県出身で身長170cm、体重68kgでした。

2018年、右肩に一時痛みがありリハビリに励んでいたそうです。
2019年の時点で「肩の痛みが完全には癒えていない」という幌村尚選手。
今後の活躍に期待したいですね!

エンタメ
スポンサーリンク
ピクをフォローする
ピクの家
タイトルとURLをコピーしました