大豆ミートとは?味はどうなの?スーパーの売り場や値段についても!

フード・レシピ

最近よく目にするし、耳にもするようになった大豆ミート。
環境を救うとも言われているのはご存知でしょうか。
今年に入って大豆ミートの食品や加工品が急激に増えているようです。

そんな大豆ミートについて、味や食感、そして売っているスーパーや売り場・値段についても調べてみました。

大豆ミートとは?

大豆ミートとは、植物の大豆から作られる、お肉のような味と食感の食べものです。

一般的に知られている大豆ミートは、サラダ油をぎゅっと絞ったときに出てくる脱脂大豆利用してお肉のような食品を開発していきます。
そこに味を付けたり、形を整えたりしています。

しかし!!!
最新の大豆ミートは、脱脂大豆を使いません
乾燥大豆を発芽させ、熱加工でフレーク状に!

発芽させる温度を変えることによって鶏肉の味になったり、牛肉のような味になったりするのだそうです。
調味料で味をつけたりしません

そんな大豆ミートは第4のお肉と言われています。
牛肉・豚肉・鶏肉・大豆ミート!

【注目される2つの理由】
◆お肉と同量のたんぱく質が摂取できる
◆食物繊維も同時に摂取できる

牛ひき肉大豆ミート
たんぱく質17.1g15.6g
食物繊維0g2.5g
「トップバリュ大豆からつくったミンチ」比較
出典:日本食品標準成分表2020年版

大豆ミートは食物繊維が摂れるヘルシーな肉といえるかもしれません。

味や食感は?

味について、肉との違いはほとんど感じないです。

肉よりも軽い感じで食べられます。
そのわけは、動物性の油と植物性の油の違いです。
2種類の油は、舌に乗せたときに溶ける温度が違うので、植物性である大豆ミートの油は、口の中に入れたときにサラ~っと溶けていき軽い感じになるのです。

食感は、ふにゃッとしているのかと思いきや、しっかりとひき肉感が残っていて、普通のお肉との差を感させないほど。

環境にいい理由!

動物のお肉を育てて食べるには、何年もかかります。
エサも水も必要です。
そして温室効果ガスをたくさん放出してしまう。

そのてん、植物の大豆は環境負荷にとてもいいと言われているからです。

大豆ミートが地球を救う?!

2050年には世界の人口が100億人になるという予測。
同時に家畜もちゃんと100億人分そろえていけるのか、海の魚も100億人分そろうのかというと、それはちょっと不可能なんだそうです。

ということは、人類にとっての必要なたんぱく質は不足していきます。
食べるものも考えていかないと、地球の環境を守ることができなくなるのです。

ということで、大豆ミートは、環境への負荷を抑えながら、お肉とほぼ同じ量のたんぱく質を摂取できると開発がすすみ、私たちの身近な食材へとなってきています。

スーパーの売り場はここ!値段も!

今年に入って、大豆ミートを扱うスーパーが急増しています。

売り場
精肉コーナーの牛肉・豚肉・鶏肉・大豆ミートの順番に陳列されています。

商品名は「大豆からつくったミンチ

大豆ミートの見た目はパサパサせず、しっとり感があります。
このほかに、ハンバーグなども陳列。

値段
「大豆からつくったミンチ」100g・149円(税込)

値段は合いびきミンチとほぼ変わりないです。


確実に売っているスーパーはここ!

◆イオン
2021年3月から関東の店舗で販売中。

◆イトーヨーカドー
2021年3月から首都圏一部でミンチタイプを販売。
(今後、全店舗に拡大予定)


つぎに、大豆ミートを使った商品を4つと常温保存可能な大豆ミートをご紹介!

①ニップン「オーマイ soyボロネーゼ」

●ニップン「オーマイ soyボロネーゼ」220g・138円
パスタソースのお肉を大豆ミートで再現。
ミンチ肉との違いは分かりません!

\画像をクリックすると楽天の商品ページに飛んで購入できます/


②井村屋「大豆ミートまん」

●井村屋「大豆ミートまん」2個入・300円
人気商品です!

\画像をクリックすると楽天の商品ページに飛んで購入できます/


③日本ハム「ナチュミート 大豆ミート ハムタイプ」

●日本ハム「ナチュミート 大豆ミート ハムタイプ」234円
大豆ミート100%のハムです。
すこし魚肉ソーセージっぽく、ふんわり感がちゃんとあります。

▼こちらは大豆ミートの商品ではないですが大豆100%のハム▼
使い勝手がよく、美味しいと高評価!
\画像をクリックすると楽天の商品ページに飛んで購入できます/


④伊藤ハム「まるでお肉!大豆ミートのサラダチキンタイプ ハーブ&レモン」

●伊藤ハム「まるでお肉!大豆ミートのサラダチキンタイプ ハーブ&レモン」280円
見た目を比べれば、色やツヤに違いがあるものの、食感が鶏肉。
鶏肉の筋感もちゃんとあります。

⑤大豆のお肉(常温保存タイプ)

●マルコメ/ダイズラボ「大豆のお肉(ミンチタイプ)」100g・368円

こちらの商品は脱脂大豆を加工した大豆ミート。
袋から出してそのまま調理でき、火を通さなくてもいいので時短です。
楽天で一番人気!
常温保存タイプですので1年ほど日持ちします。

\画像をクリックすると楽天の商品ページに飛んで購入できます/


脱脂大豆を加工した大豆ミートは、独特の風味が残る場合があるので、しっかりした味付けの料理から使うのがおすすめです。

大豆ミート料理が食べられるお店3つ

◆ドトールコーヒーショップ◆
・全粒粉サンド 大豆ミート~柚子胡椒豆乳ソース~360円(店内飲食)
(9月発売開始)

◆タリーズコーヒー◆
・野菜仕立てのラザニアプレート968円(店内飲食)
・畑の恵みのタコライス968円(店内飲食)
(9月発売開始)

◆焼肉ライク◆
・NEXTカルビ50g・320円
(2020年10月から焼肉も登場)

大豆ミートの未来!

今は100%大豆のハンバーガーを作ったりと、競争みたいになっているけれど、やっぱり、お肉と大豆のあいびきミンチのようなものが世の中を救っていくのだと思う、と大豆ミートの研究者は言います。

知らないうちに半分は植物由来のたんぱく質を食べているという、自然にたんぱく質の危機を救っていくことが理想で目指すところなのだとか。

環境先進国のドイツでは、4人に1人が肉を食べず、代替の肉(大豆ミートなど)しか食べないという調査があります。
ドイツと言えばソーセージ大国のイメージですが、大豆ミートはとてもポピュラーなんだそうです。

大豆ミートまとめ

いかがだったでしょうか、「大豆ミートとは?味はどうなの?スーパーの売り場や値段についても!」についてお届けしました。

これからもっともっと私たちの生活に定着していくかもしれませんね!

フード・レシピ
スポンサーリンク
ピクをフォローする
ピクの家
タイトルとURLをコピーしました