ネガティブ発言ばかりする子ども!どう対応すればいいのかについて

子育て

ネガティブな発言ばかりする子どもに対して、親は「どうしたらポジティブになってくれるだろう?」と思いがちです。
その「ポジティブになってほしい」という気持ちは親御さんの不安な気持ちからだと思います。

ネガティブ発言ばかりする子どもに、その親の不安な気持ちを子どもに押し付けるのではない対応についてお伝えしたいと思います。

子どものネガティブな発言とは

子どものネガティブな発言とはどんな言葉かいくつか例を出してみます。

・もういや
・やめたい
・何もする気ない
・あいつ許せない
・生きてる意味ない
・もう死にたい など

子どもの口からこんな言葉が聞こえてくると心配してしまいます。

すると親は、心配してなんとかネガティブから抜け出す方法を考えるかもしれません。

・少しでもやる気になってもらいたい
・少しでもポジティブになってもらえたら
・少しでもいいところがあることに気づいてもらいたい

ネガティブだからといって励まさない

子どもがネガティブな発言ばかりするからといって、無理に励まさないでほしいと思います。

親はネガティブなままではダメだと思っているのかもしれません。
どうにかしてあげたい気持ちは不安からだと思うのですが、その不安に思っている気持ちは親です。

子どもはネガティブになりたいからネガティブ発言ばかりすると考えてみてください。

そうすると、親が勝手に不安になったり、このままではダメだと思っているとすると、子どもにしたら「どうしてネガティブなままじゃだめなの?」と思ってるかもしれません。


親の不安を子どもにぶつけないでほしいと思います。

不安をぶつけて、そのネガティブな部分を少しでもポジティブに変えようとしたり、ネガティブな部分を見ないようにしたりしないでほしい。

なぜ励まさないのか

人はポジティブな部分だけではないし、ポジティブな部分だけでは生きていけないですよね。
ネガティブな部分もあって当たり前です。

そんなネガティブな感情を伝えてくれてるということは、親のことを信頼してくれている証拠だと思います。
「わたしは今こんな気持ちなんだ」と。

家族は、知り合いより友だちより距離が近くて深い関係だからこそ、相手に対して文句を言ったり言われたり、そしてネガティブな感情もぶつけたりできる関係なんだと思います。

家族だから信頼しているから見せてくれる一面です。



人は一生ネガティブな感情のままで生きていけません。
ネガティブな時期というのは、気持ちが落ちるところまで落ちて、その気持ちをしっかり味わったら、自然とポジティブな方向へ向いていくものです。

それを親が一生懸命ポジティブにさせようとすると上がってこれなくなります
ネガティブが長引く原因のひとつだと思います。


これは子どもに限らず自分自身にもいえます。

じゃあどう対応すればいいのか?!

励まさないとすると、どう対応すればいいのかというと、

「私は今こんな感情なんだよ」
「こんなにネガティブなんだ」

と伝えてくれているその気持ちをしっかり受け止めてあげます。

感情を受け止めてくれる人がいるからこそ、また自分の力で前に進もうと思えるときが来ます。
だからまずは、ネガティブな感情をしっかり受け止めてあげてください。

そうすると、「ああ、ネガティブな感情でいてもいいんだ」、「こんな自分でもいいんだ」と思えます。

そして子どもの話しをよーく聞いてあげてください。
親の不安は一旦ヨコに置いておいて、子どもの話しを聞いてあげます。

あとは、子どもには乗り越える力があることを信じてあげます。

ネガティブ発言の対応まとめ

以上、「ネガティブ発言ばかりする子ども!どう対応すればいいのかについて」をお届けしました。

子どものネガティブ発言の対応は、一旦受け止めてから子どもの話しをよく聞いて、乗り越える力があることを信じるということでした。
ネガティブな時期は長くて数年かかる場合もよくあることです。
焦らず、子どもを信じて見守ってみてください。

子育て
ピクをフォローする
ピクの家
タイトルとURLをコピーしました