学校に行くのは義務?親には学校へ行かせる義務がある?!

子育て

「学校に行くのは義務」とか「親には学校へ行かせる義務がある」などという言葉を聞くことがあります。
ほんとうのところはどうなのか?について調べてみました。

「学校に行く義務」と「学校へ行かせる義務」について

「学校へ行くのは義務」と言うけれど、本当に学校へ行くことは子供の義務なのでしょうか。

そういう刷り込みはたしかにあります。
義務教育の法律があるからなのでしょうか。

そうすると、学校へ行かない、いわゆる不登校の子供は罰せられるのでしょうか?

答えは「いいえ」
子供には学校へ行く義務はないし罰せられるなんてことはありません。
子供にあるのは「学ぶ権利」があるだけです。

「義務」は誰の義務なのか

じゃあこの「義務」は誰の義務かというと「親」にあります。
でも「学校へ行かせる義務」があるわけではないのです。

親にあるのは「教育を受けさせる義務」です。
つまり、子供に教育を「受けさせない」ということが「あってはならない」ということです。

子供の意思で教育を受けないのは法律で裁かれませんが、親の意思で子供に「教育を受けさせないようにする」ことは法律で裁かれる可能性があります。

そして、子供に教育を受けさせる義務は親だけではなく学校の先生や行政にもあると思います。
子供が学ぶことを大人が妨げてはいけないし、子供の学びを支援するのは大人の責任なんだと思います。


もしも学校が合わないのであれば、なぜ合わないのか、何が合わないのか、学校でなければどんな学びの方法やコミュニティがあるのか、その子にとって最適な方法を考えたり探すのは大人の責任だと思います。

学びの場はなにも家の外だけではなくて、家庭という一番身近で子供にとって安心安全なコミュニティがあるので、そこを考え直してみるのもありなんだと思います。

さいごに

以上、「学校に行くのは義務?親には学校へ行かせる義務がある?!」についてでした。

子供には「学ぶ権利」があるということでした。
そして親や大人には「学校へ行かせる義務」ではなくて「教育を受けさせる義務」があるということでした。
言葉は似ていますが意味がまったく違いましたね。
大人が勘違いして子供を無理やり学校へ行かせるなんてことがないようにしたいです。

スポンサーリンク
子育て
ピ..ク..の..家.をフォローする
スポンサーリンク
ピクの家
タイトルとURLをコピーしました