歯列矯正が失敗に終わる原因とは?対策について考えてみる!

暮らし・生活

歯列矯正が失敗に終わる原因とは何でしょう?
せっかくお金も時間もかけて歯並びを治したのに、なぜか失敗に終わってしまうケースがあるとききます。
歯列矯正の失敗とは一体どういうことなのかの原因と、失敗に終わらないための対策や注意点などをまとめました。

歯列矯正が失敗に終わる原因とは?

歯列矯正は、歯並びがキレイになったら終わりと考えるのは間違いで、キレイになった後、正しいメンテナンスを行うことがとても大切になります。

治療期間中(平均2~3年)歯にずっと矯正器具をつけて不自由な生活を送ります。

やっと器具が外され、キレイな歯並びに満足し、意気揚々としているのも束の間。
矯正後の歯型から作った、保定用の「リテーナー」といってマウスピースのような装置を装着させられます。

これは歯の後戻りを防ぐ大切な装置となり、食事と歯磨き以外、一日中装着するように言われます。

この装置を指示通り装着しない場合が多いのだそうです。

装着しなくても、しばらくは歯並びもそのままきれいなまま保ってくれています。
しかし装着しない時間が長くなってくると、少しずつ歯が動き、数年経つと気づいたら凸凹の歯並びになっている場合があるそうです。

歯列矯正が失敗に終わる一番の原因は「後戻り」です。

特に下の前歯は後戻りしやすい箇所だといいます。

矯正器具をつけてる期間が終われば治療も終わりだと油断する場合が多いのでしょう。
しかも、やっと矯正器具が外れてホッとしているところに、保定用のリテーナーって何?解放されるんじゃないの?という感じですから。

スポンサーリンク

失敗に終わらないための対策と注意点!

歯列矯正が失敗に終わらないための対策と注意点です。

歯列矯正後、失敗に終わらないために対策はひとつ!

リテーナーを装着すること

医師または衛生士の言うとおり、歯の後戻りを防ぐ保定用のリテーナーの装着を「食事と歯磨き以外一日中装着すること」です。

最初、人によっては違和感があったり話しにくい感じやツバが飲み込みにくいといった違和感があるかもしれませんが、続けて使えば必ず慣れます。
今まで器具を着けてきたことを思えばなんてことないと思います。

◆注意点◆
・装着時、当たる箇所や痛いと感じる箇所があれば必ず伝える

医院でリテーナーを装着したとき、少しでも当たる箇所があったり、痛いと感じる場所があれば伝えましょう。

痛いと感じる箇所は、時間が経っても慣れません
逆に装着しなくなる原因になりますので、必ず先生か衛生士さんに伝えましょう。
歯列矯正後のリテーナーは、歯の後戻りを防ぐ大切な装置です。

リテーナーを装着する期間は、患者さんの歯の状態を見て決めていくので、一概には言えないですが、だいたい2年程度のようです。
2年間一日中装着しているのかどうかは個人差や医師の判断です。

あとは、定期健診も忘れず行きましょう(リテーナーを洗浄してもらえます)。

リテーナーの使用時間を守らず再治療が必要となった場合には、別途費用(装置料)が必要な場合がほとんどです。

次にリテーナーの取り扱い方を見ていきましょう。

リテーナーの取り扱い方

リテーナーは意外と繊細です。
食事などで外しているときは必ず専用ケースに保管したほうがいいです。

かばんの中やポケットに直接入れると、壊れたり歪んでしまうことがあります。
家の中の場合、リテーナーの上にうっかり物を置いてしまったり、ペットが噛んで壊すこともあるので注意が必要です。

リテーナーの取り扱い注意点
・入れ歯用洗浄剤などは使用しないこと
・熱いお湯につけると変形します(ぬるま湯はOK(ふぅふぅせず飲めるくらいの温度)
・歯に合わなくなったとき、自分で修理せず、すぐに医院へ連絡する
・毎日、歯ブラシで洗い、清潔に保つ(リテーナー専用歯ブラシを作ると便利)
・リテーナーを装着したまま飲食しない(壊れたり着色の原因になります)
・リテーナーの着脱は両手行う(変形の原因になります)

リテーナの破損や紛失など、作り直しが必要な場合の費用は自己負担となる場合が多いです(医院によります)。

最後に

以上「歯列矯正が失敗に終わる原因とは?対策について考えてみる」についてでした。

矯正治療はとても長い道のりです。
費用と期間をたくさん使いますのでアフターケアにもしっかり取り組みたいですね。
何より、しっかりコミュニケーションが取れる医師であり、相性の良い医院を選びたいものです。

スポンサーリンク
暮らし・生活
ピクをフォローする
スポンサーリンク
ピクの家
タイトルとURLをコピーしました