ヒバ油スプレーの作り方と使い方!蚊やゴキブリ・布団のダニにも!犬や猫の肌荒れにも効く?

暮らし・生活

ヒバ(ひば)油を知ったきっかけは蚊の対策やダニ予防だったと思います。

それをきっかけに、ヒバ油には美容やお掃除までいろんな効能があると知り、気に入って何年も使い続け、わが家では常備品となっています。

そんなヒバ油の作り方と使い方、蚊やゴキブリ・布団のダニにも効果があることについてまとめました。
さらに犬猫の肌荒れにも効果があることも調べてみました。

ヒバ油スプレーの作り方

<材料>

ヒバ油原液 20滴まで(お好みで調整してください)
無水エタノール 20ml
精製水(浄水、水道水でもOK) 80ml
スプレーボトル

※「原液ヒバ油」は「水」と混ざらないので 乳化させるため「無水エタノール」が必要です。


<作り方>

無水エタノールに 原液ヒバ油を入れて よく振り混ぜます。
最後に精製水を入れ よく振ってできあがり!

楽天市場の「ヒバ油」一覧はこちらからご覧になれます>

水を混ぜるだけの簡単ヒバ油スプレーの作り方

「原液ヒバ油」で「ヒバ油スプレー」を作る場合、無水エタノールが必要ですが、水を混ぜるだけで ヒバ油スプレーが作れる方法もあります。


ナノヒバオイル」と言って、すでに乳化されている商品があります。

この「ナノヒバオイル」を使うと、「水道水」で30倍~300倍に薄めるだけで使用できます。
コスパはよくないですが、使い勝手のいい商品です。

楽天市場の「ナノヒバオイル一覧」はこちらから見れます>

ヒバ油の使い方

ヒバ油は原液のままでも使用できますが、薄めてスプレーボトルに作っておくと、用途が広がり使いやすく便利です。

使い方は2通り
・<ヒバ油スプレーで直接吹きかける>
・<原液をそのまま数滴たらして使う>

<ヒバ油スプレーで直接吹きかける>場合

・防虫のために(網戸、サッシ、玄関)
・臭いの発生しやすい箇所(トイレ、排水溝、三角コーナー、ゴミ箱、下駄箱)
・ダニの発生しやすい箇所(タンス、クローゼット、まな板、布団、カーペット、畳)
・カビの発生しやすい箇所(洗濯槽、お風呂場)

*防蚊対策で 直接肌にもスプレーできます。
*低農薬野菜の栽培に、農薬の代わりに散布すると 安全で低農薬野菜の出来上がりです。

<原液をそのまま数滴たらして使う>場合

・湯ぶねに原液を3~5滴入れると、
リラックス効果はもちろんのこと、保湿効果でしっとりした肌が期待できます。

・手荒れ、しもやけ、にきび、水虫、毛髪のダメージ回復には、
洗面器などぬるま湯を張り2~3滴ほど垂らして混ぜ、肌に塗布すると効果的。

・洗濯の時
数滴入れて洗濯すると、衣類やシーツにダニが寄り付かなくなります。
また部屋干ししても臭いが気になりません。

・虫歯、歯槽膿漏予防
コップに1滴垂らしてうがいすると、風邪予防にもなります。
虫歯・歯槽膿漏の予防にもなります。

*原油は衣類などに直接使用すると、シミになる場合があります。

スポンサーリンク

蚊やゴキブリ・布団のダニ・除菌にも効果的なヒバ油

ヒバ油の効果効能はさまざま。
特にゴキブリや布団のダニには効果大。
どんな効果があるのかは以下のとおりです。

【防虫効果】代表的な効能です。
ゴキブリ・白アリ・蚊・ダニなどにほんとうに良く効きます。
ヒバで建てられた家には、蚊やシロアリの他、さまざまな害虫が寄ってこないと言われています。
ゴキブリも寄せつけません。
【除菌・抗菌効果】特に、カビや腐敗菌に対して効果が高く、耐菌性の出現を許さないという特徴があります。
黄色ブドウ球菌(主に食中毒)に効果的。
【防臭、消臭効果】油中には、抗菌性を有する天然の成分「ヒノキチオール」が含有されているため、雑菌を繁殖させない効果や、雑菌からでる悪臭を防ぐ効果があります。
またアンモニア臭にも効果を発揮します。
【リラクゼーション効果】アロマオイルや芳香剤として、独特な木の香りが嫌な臭いを包み消し去り、ひばの香りがリラックスさせてくれ、ストレスが緩和されます。

ペットの肌荒れにもヒバ油

犬などのペットの身体にスプレーすると、動物臭も消え、同時にダニ予防にもなります。
ペットのダニ予防にもヒバ油は効果的なんです。
動物もヒバ油の匂いを嫌がらないようです。

ペットの入浴時の浴槽に2~3滴混ぜるのも効果的です。
(浴槽の大きさで調節してください)
ペットの小屋やトイレなどには、スプレーするか原液を塗布してください。

原因不明のアトピーや皮膚炎などにヒバ油を試したところ、効果があったという報告がありますので、試してみる価値はあると思います。

注意点として、使い始めはペットの様子を見て少量から試してください。

ヒバ油とは?

まずヒバ油の「ヒバ」とは、ヒバ(檜葉)というヒノキ科の樹木です。
別名ヒノキアスナロと言います。ヒノキとは違います。

九州に分布する「アスナロ」が、寒い北の地方で育つよう変種したものがヒノキアスナロです。
アスナロとヒノキアスナロの総称を「ヒバ」として扱います。

生息地としては青森のヒバ林が有名です。

そのヒバを伐採し、製材される過程で出るオガ粉や廃材を水蒸気蒸留して得られる精油を「青森ひば油」といいます。

100kgのヒバ材からわずか1%しか得られない貴重なものだそうです。

ヒバ油まとめ

以上、
・ヒバ油スプレーの作り方と使い方について
・蚊やゴキブリ・布団のダニ・除菌にも効果的なヒバ油について
・ペットの肌荒れにもヒバ油
・ヒバ油とは
についてまとめました。

一度使ってみると手放せなくなる一品だと思います。
身体に害がないのも安心ですね。
お試しサイズがあるのでよかったら一度試してみてください。

楽天市場の「ヒバ油」一覧はこちらからご覧になれます>

暮らし・生活
スポンサーリンク
ピクをフォローする
ピクの家
タイトルとURLをコピーしました